美白に効果的なアルブチンについて

美白成分“アルブチン”とは

日頃、美白化粧品を使用している人なら、アルブチンと言うものをご存じの方もいらっしゃるかと思います。 しかし、アルブチンは美白に効果があるといった、簡単な知識しかないと言う人の方が多いでしょう。 そこで今回は、このアルブチンについて、ご説明していきたいと思います。

最近、ハイドロキノンとともに、美白効果が得られる成分として注目されているアルブチン。 アルブチンは、αアルブチン・βアルブチンの2種類にわけられます。 αアルブチンとは、ロキノンとブドウ糖を合せたものであり、

要するに、ハイドロキノンの安定をはかり、安全性が配慮されたものです。 βアルブチンは、以前から美白化粧品にも使われている、一般的なアルブチンの事を言います。 αアルブチンは、βアルブチンと比較しても、肌への浸透が良いので 美白効果も約10倍程度、差があるそうです。

シミの原因とされるメラニンが体内で生成され、チロセナーゼ(酵素)が、メラニンを作る物質に刺激を与え 化学合成が始まって、それが最終的にメラニンとして、シミやそばかすとなり 肌表面に浮き出てきます。

アルブチンには、そのメラニン生成に関わるチロセナーゼの働きを抑制する働きがあるので メラニンが生成されたとしても、その量を確実に減らせるのです。

ただ、アルブチンは、既に出来てしまったシミへの対策と言うよりかは これから出来るシミへの対策として、じっくりと時間をかけながら、 シミへアプローチすると言った、有効な成分であると言えます。

現在では、美白化粧品に多く使用されています。 それだけ、美白効果も得られ、安全性も配慮された成分と言えるでしょう。 ですが、使用する上での注意点も、いくつかある事をお忘れなく。

アルブチンには、天然タイプのものと、合成タイプの2種類があるのですが 合成のものに関しては、天然ものを改良して作られているので 漂白作用が強力で、それがかえって肌トラブルを起こす原因になる事もあるようです。 ですので、出来る限り、天然ものを使って、日頃のスキンケアを行う事をおすすめします。

↑ PAGE TOP