ハイドロキノンでニキビ跡が治る?

ハイドロキノンクリームはニキビ跡にも効果あり?

シミやくすみのないお肌というのは女性にとっての憧れです。 世の中にはたくさんの美白化粧品があり、多くの人が そういった化粧品で美肌対策をしています。
敏感肌のためのスキンケア、化粧水で対策を!

もしお肌にシミができてしまった場合は、最近はハイドロキノンを用いて シミ対策をする人が増えてきました。 ハイドロキノンはできてしまったシミにも効果を発揮するので、 シミを消したい多くの女性が使っています。

ハイドロキノンが効果的なのはシミだけではありません。 ニキビ跡に悩む人が使うというケースもあるようです。

でもニキビ跡にハイドロキノンを使うにはコツがあります。 またどんなニキビ跡にも効果があるというわけではありませんから 注意してくださいね。

ハイドロキノンはお肌をホワイトニングする効果があるとも言われ、 メラニン色素に対して有効にはたらきます。 ニキビができて、治りがよくないとニキビができた部分が 赤色や紫色になったりします。

その段階をへて、さらに茶色っぽい色に変化していきます。 ハイドロキノンを使用して効果があるのは、この茶色くなった 状態の時なのです。 この茶色はメラニン色素によるものです。

ハイドロキノンはメラニン色素に対して働きますから、 まだ赤い状態の時に使用しても何も変化が起こらないかもしれません。 ですから、茶色い状態のニキビ跡にハイドロキノンを 使うようにしましょう。

すぐに効果が表れなくてもあきらめずに使用していれば、 数週間後に少し薄くなっているのを実感できると思います。

なお、ニキビ跡がクレーター状になっている時は、 ハイドロキノンでは改善が難しいと思われます。 凹凸を修正するようなはたらきは、ハイドロキノンには無いからです。

ニキビ跡を自分で改善する自信がなかったり、 茶色くなったニキビ跡以外のものを解消したい場合は 皮膚科に行って治療を受けた方が確実です。

本来なら、ニキビ跡ができるような状態になる前に しっかり治療をしておくと良いのです。 またニキビができている時につぶしたり触ってしまい 刺激を与えることも良くないので気を付けるようにしましょう。

体内からアンチエイジングをする

アンチエイジングを進めようと思ったとき、その方法は様々だと思います。大きな金銭的負担を覚悟して行う方法もありますが、まずは手軽に出来る健やかな体作りを意識し、どのような事が出来るか考えてみることから始めるのもいいでしょう。

アンチエイジングに関心を持っている方がよく耳にする言葉に活性酸素というものがあります。活性酸素というのは息を吸い込んだ際に体内に取り込まれた酸素の一部が、同じ体内にある何某かの物質と触れ合う事で形が変わってしまったものを意味する言葉です。

活性酸素は外部からやってくるウィルスから体を守ろうとする善玉活性酸素、体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素の二つに分けられます。よく知られている活性酸素は悪玉活性酸素ですが、紫外線が降り注ぐことによって体が受けるダメージや、ストレスが蓄積される事によって生まれるケースが少なくないようです。

ストレス社会と呼ばれる昨今、私たちはたくさんのストレスに晒されがちですが、そのために活性酸素が多く生まれ、体内の細胞をじわじわと破壊してしまっていると聞きます。これがいわゆる体の酸化です。体内の酸化をストップさせる事が抗酸化となり、アンチエイジングのために重要なことと言われています。

では活性酸素を体内からどのように取り除くかということですが、近頃多くの人に支持されているもののひとつが「水素水」です。活性化酸素を中和し抗酸化してくれる働きを、水素水は持っています。逆に言うと、水素の力がないと活性酸素を中和することは難しいのです。

体内に生まれてしまった錆をキレイにしてくれる力を水素水は持っています。水素水は一般に流通され種類も豊富です。簡易型水素発生器などもありますので、家にいても手軽に水素を作る事ができます。

毎日の中に水素水を上手に取り入れることはオススメの方法です。体内の錆を落とし、スムーズにアンチエイジングを進めていきましょう。

アンチエイジングと洗顔の関係

アンチエイジングをするためにスキンケアをがんばっている方も少なくありません。スキンケアの基本と言えば洗顔ですが、その洗顔方法が逆にお肌にダメージを与えてしまう事があるようです。残念ながら、正しい方法で洗顔できている人は多くありません。

洗顔というものは、お顔についた汚れや過剰な油分、ほこりなどをお肌から除去し洗い流す役目を持っています。アンチエイジングにとっても大切なことと言えます。ですが正しい洗顔方法ができていない場合、アンチエイジングどころかお肌に悪影響を与えてしまうことも少なくありません。

間違った洗顔方法は外的ストレスと言えますが、他にも外的ストレスは存在します。そのひとつは「ほこり」です。空中を浮遊するほこりはお肌表面に付着し、汗と一緒に皮脂とひとつになってしまいます。

皮脂と混ざったほこりはその後毛穴に入り込み、毛穴を塞ぐ原因となってしまうのです。そうなると皮脂はスムーズに分泌されなくなり、大人ニキビになってしまったりと、お肌にダメージを与えることに繋がってしまうでしょう。

簡単にですが、正しい洗顔方法を紹介させてください。まずはメイクをしっかりとクレンジングします。その後、洗顔石鹸の泡をきちんと立て、その泡で汚れを絡め取るように洗顔して下さい。

指でゴシゴシ擦るのではなく、手の平にある泡をお肌に触れさせるようにして優しく洗います。擦り洗いをしてしまうと、お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうため気をつけてください。その後タオルで優しく水分をふき取っていきます。洗顔後のお顔への保湿も忘れずにして下さいね。これが、アンチエイジングにも役立つ洗顔方法です。

スキンケアの基本である洗顔を毎日積み重ねていくことで、徐々にお肌が良い方向へと向かっていきます。すぐに美肌にならないからと止めてしまうのはもったいないことです。毎日地道に続ける事でハリのある若々しいお肌を取り戻せる事が期待できるでしょう。

↑ PAGE TOP